雑記

【2022年最新】厄年の方はどうすればよいか解決方法(過ごし方や早見表を紹介)

2022年の厄年を今回はご紹介いたします。

男性
男性

今年も頑張るぞ!でも厄年とか聞くけど自分はいつかな?

女性
女性

その悩みを解決!過ごし方もご紹介します

男性
男性

ぜひ、お願いします!厄除けについても知りたいです

結論:本厄の方は以下となります。(前厄と後厄は下段にて紹介)

本厄(女性):平成16年生まれ(19歳)、平成2年生まれ(33歳)、昭和61年生まれ(37歳)、昭和37年生まれ(61歳)

本厄(男性):平成10年生まれ(25歳)、昭和56年生まれ(42歳)、昭和37年生まれ(61歳)

※数え年での年齢となります。

前厄*後厄(女性)一覧

前厄:平成17年生まれ(18歳)、平成3年生まれ(32歳)、昭和62年生まれ(36歳)、昭和38年生まれ(60歳)

後厄:平成15年生まれ(20歳)、昭和64年生まれ、平成元年生まれ(34歳)、昭和60年生まれ(38歳)、昭和36年生まれ(62歳)

前厄*後厄(男性)一覧

前厄:平成11年生まれ(24歳)、昭和57年生まれ(41歳)、昭和38年生まれ(60歳)

後厄:平成9年生まれ(26歳)、昭和55年生まれ(43歳)、昭和36年生まれ(62歳)

厄年って?

厄年とは、災厄にあいやすい時期であり年齢です。

平安時代の頃には、風習があったようですが根拠などは不明となっています。

厄年に当たる年やその前後の年の3年間は気を付けて過ごすことが風習となっています。

現代でも厄年に当たる多くの人が気にしており、災厄にあわないよう過ごしたり

神社やお寺などでお祓いを受けたりしています。

厄年は数え年で数える

厄年である間違いが、満年齢で数えてしまうことです。

数え年とは、母親のおなかにいる月日も命と考え生まれた年は0歳ではなく1歳とする数え方です。

なので、多くの神社やお寺では数え年で数える旨と生まれ年の表記があります。

皆さんは気を付けるようにしましょう。

厄年の人はいつから?厄除けはいつまで?

厄年は、全ての男性と女性共通で1月1日からとなっています。

ですので、年明け元旦から厄除けや厄払いを全国の神社やお寺で受けることができます。


ではいつまでに厄除けや厄払いをやったほうがよいのか。

それは、諸説がありますが一般的には2022年2月3日の節分の日までにした方が良いとされています。

ただし、実際はこの時期を過ぎても厄払いや厄除けをすることができます。

なので仕事やプライベートが忙しく節分の日までに行けなかった方は、その後でも受けることができます!

厄年が気になる方や、災厄に見舞われないように厄を払ってもらいたい方は、ぜひ神社やお寺という神聖な場所で祈祷を受け厄を払ってもらいましょう。

まとめ

今回は厄年についてご紹介しました。

現在ではホームページがあるお寺や神社が増えているため、厄払いを探す際には

【厄払い 地名】で検索をすると簡単に検索ができます。

興味がある方や厄年の方はぜひ参考に調べてもらい、厄除けへいきましょう。

\ブログ応援お願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィールはコチラ
プロフィールはコチラ