<景品表示法に基づく表記>
本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
仕事

【徹底比較】「4大ビジネス誌」の特徴や違い、価格などを簡単に解説!

ビジネスに関する情報を得るには、4大ビジネス誌が欠かせません。

しかし、どの誌を読んでよいか分からない方も多いのではないでしょうか?

また、どのような特徴があるのかも気になるところです…。

本記事では、4大ビジネス誌の特徴と購読方法、そしてそれぞれの誌のおすすめ記事を紹介します。

よっち

ビジネスに関心がある方は必見です!

4大ビジネス誌を読むことで、ビジネスに関する情報収集がより効果的になり、自社の業務改善につなげることができます。

本記事を読んで、ビジネスに役立つ情報を手軽に入手してみましょう!

目次
  1. 4大ビジネス誌とは何か?
  2. 日経ビジネスの特徴
  3. 東洋経済の特徴
  4. 週刊ダイヤモンドの特徴
  5. PRESIDENTの特徴とその魅力
  6. 4大ビジネス誌の読者層の特徴
  7. 4大ビジネス誌を選ぶ際に考慮すべきポイント
  8. 4大ビジネス誌以外で注目すべきビジネス誌の紹介
  9. 4大ビジネス誌を活用することのメリットについて
  10. 4大ビジネス誌を使ったビジネス戦略の立て方
  11. 4大ビジネス誌の購読方法の種類
  12. 4大ビジネス誌の価格の比較とお得な購読方法
  13. 私が週刊ダイヤモンドをオススメする理由4つ
  14. 4大ビジネス誌に関するよくある質問や疑問
  15. まとめ

4大ビジネス誌とは何か?

4大ビジネス誌とは、日本国内において、ビジネスパーソンや経営者を主な読者層とし、経済やビジネスに関する情報を提供する「日経ビジネス」、「週刊ダイヤモンド」、「東洋経済」、「プレジデント」の4誌を指します。

日本においては、これらの4誌が一定の読者数を維持し、ビジネス情報の発信源として定着しています!

特に、週刊ダイヤモンドは政治・経済・社会のトピックスに加え、企業取材や人物紹介など、幅広いジャンルの記事を扱っています。

週刊ダイヤモンドは、創刊以来、政治、経済、社会問題の報道にとどまらず、企業取材、人物紹介など幅広いジャンルの記事を取り上げています。

4大ビジネス誌とは、日本のビジネス情報の代表的な情報源であり、ビジネスパーソンや経営者にとっては必要不可欠な情報収集手段であることがわかります。

日経ビジネスの特徴

¥792 (2024/04/17 17:38時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

日経ビジネスの編集方針とコンセプト

日経ビジネスは、日本経済新聞社が発行するビジネス誌であり、ビジネスリーダーをターゲットにした情報を提供しています。

日本経済の最新動向やビジネスの戦略、マネジメントなど、幅広い分野にわたる情報を提供し、ビジネスパーソンに必要な情報を網羅しているのが特徴です。

日経ビジネスは、日本経済新聞社が発行するビジネス誌であり、日本のビジネス界で最も信頼される情報源として知られています。

日本経済新聞の購読者は、政治や経済に強い関心を持つ経営者や企業幹部が多く、ビジネスリーダーから支持を集めていると言われています。

また、日経ビジネスは、日本の企業や産業に精通したジャーナリストが執筆する記事が多く、分かりやすい解説とともに、幅広い分野の情報を提供しています。

日経ビジネスの編集方針とコンセプトには、日本のビジネスリーダーが求める情報を提供することが掲げられています。

具体的には、日本経済の最新動向やビジネスの戦略、マネジメントなど、幅広い分野にわたる情報を提供し、ビジネスパーソンに必要な情報です。

また、毎週木曜日には、ビジネス書のランキングや書評なども掲載しており、ビジネス書に興味のある読者にも好評です。

日経ビジネスは、ビジネスリーダーをターゲットにした情報を提供するビジネス誌であり、日本経済の最新動向やビジネスの戦略、マネジメントなど、幅広い分野にわたる情報を提供しています。

日経ビジネスの記事構成とジャンル

日経ビジネスの記事は、最新のビジネスニュースからビジネス戦略や経営戦略に関する専門的な記事まで多岐にわたっています。

記事は、コンパクトな見出しで分かりやすくまとめられており、見出しクリックで詳細を読むことができます。

また、インタビューや事例など具体的な実例を交えて分かりやすく解説されています。

日経ビジネスは、日本を代表するビジネス誌の1つであり、取材・調査力の高さが特徴です。

また、世界的な情報ネットワークを持つ日本経済新聞グループが発行しているため、最新のビジネスニュースを迅速に取り扱えることができます。

そのため、最新のビジネスニュースから専門的な記事まで幅広くカバーしています。

日経ビジネスの記事ジャンルとしては、以下のようなものがあります。

  • 最新のビジネスニュース:経済指標や企業の決算発表など、最新のビジネスニュースを迅速かつ的確に伝えます。
  • インタビュー記事:経営者や政治家、有名人など、幅広い分野のトップランナーへのインタビューを通じて、その人物の考え方やビジョンを探ります。
  • 事例記事:実際に成功した企業や経営者の取り組みを事例として紹介し、成功の秘訣やその背景に迫ります。
  • 専門的な記事:経営戦略やビジネス戦略に関する専門的な記事を掲載し、読者のビジネススキルの向上を図ります。

日経ビジネスの記事は、最新のビジネスニュースから専門的な記事まで幅広くカバーしており、コンパクトな見出しで分かりやすくまとめられています。

実例を交えて分かりやすく解説されているため、読者のビジネススキルの向上に役立ちます。

日経ビジネスの特集や特集企画

日経ビジネスの特集や特集企画は、業界の最新動向やビジネスに役立つ情報を網羅的に取り上げていることが特徴です。

また、特集記事にはグラフや表などのビジュアル要素が多く取り入れられ、わかりやすさにも配慮されています。

日経ビジネスは、ビジネスニュースの分野で高い評価を得ているため、その分野でのトピックスを幅広く取り上げた特集が多数あります。

さらに、特集記事にはビジュアル要素が多く取り入れられ、わかりやすく情報を提供しているため、ビジネスパーソンからの支持も高いです。

日経ビジネスの過去の特集記事には、「2035年の新常識」、「ベンチャーと大企業の協業」、「東芝経営再建の秘策」など、ビジネスの最新動向に関する情報が網羅的に掲載されています。

また、ビジュアル要素としてグラフや表が多数取り入れられ、分かりやすく解説されています。

日経ビジネスの特集や特集企画は、業界の最新動向やビジネスに役立つ情報を網羅的に掲載しており、わかりやすさにも配慮されています。

特にビジュアル要素が多数取り入れられているため、情報を効率的かつ分かりやすく収集できます。

東洋経済の特徴

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

東洋経済の編集方針とコンセプト

東洋経済は、日本を中心にアジア経済にフォーカスし、企業や経済現象を深掘りした記事を提供するビジネス誌です。

東洋経済は、1970年に創刊され、その後、日本のビジネス誌として急速に発展し、現在は日本を代表するビジネス誌の一つに数えられています。

東洋経済は、日本を中心にアジアのビジネス情報に強く、アジア各国の企業情報やマーケットトレンドをリアルタイムに取り上げることで、経済ジャーナリズムの分野での評価が高い雑誌です。

東洋経済は、ビジネス記事だけでなく、政治、文化、社会問題など多岐にわたるテーマを扱っています。

特に、日本を中心にアジアのビジネス情報にフォーカスしているため、東洋経済に掲載される記事は、ビジネスパーソンにとって有用な情報源になっています。

また、企業に関する深い洞察力や、経済の動向に対するリアルタイムな情報提供など、他のビジネス誌とは異なる編集方針が評価されています。

東洋経済は、日本を中心にアジアのビジネス情報に強みを持ち、ビジネスパーソンにとって有用な情報源です。

企業に関する深い洞察力や、リアルタイムな情報提供など、独自の編集方針が大好評です。

東洋経済の記事構成とジャンル

東洋経済は、政治・経済・産業分野において、細部にまでこだわりを持った膨大な情報を提供しています。

記事の構成には、問題提起、分析、具体例などがあり、読者にとって理解しやすい構成になっているため初心者にもオススメです。

また、特にビジネスジャンルに注力しており、日本のビジネス情報を網羅的に提供しています。

東洋経済は、ビジネスジャンルにおいて高い評価を受けており、2019年には「日本のビジネス誌」ランキングで第1位を獲得している実績があります。

また、記事の構成については、東洋経済公式サイトにおいて「論理的でわかりやすい文章構成」と説明されており、分かりやすい記事構成になっていることがわかります。

東洋経済の記事の構成は、問題提起、分析、具体例などがあり、読者にとって理解しやすい構成になっているのが非常に分かりやすいです。

例えば、2021年2月1日に掲載された記事「コロナ後の業務改革:仕事の質向上につながる「サブスクリプション化」」では、まず、現状の業務改革の課題を問題提起し、その後、新たな業務改革手法である「サブスクリプション化」を提案。

さらに、その具体例として、「サブスクリプション化」を導入した企業の事例を紹介している。このように、記事の構成は論理的かつ具体的であり、読者にとって理解しやすいです!

特にビジネスジャンルに注力しており、日本のビジネス情報を網羅的に提供していることから、日本のビジネス界で高い評価を得ています。

東洋経済の特集や特集企画

東洋経済の特集や特集企画は、経済・ビジネスの専門知識を深めるための情報源として、多くの読者に価値を提供しています。

東洋経済は、日本をはじめとするアジア地域の経済やビジネスに関する深い洞察を提供するために、信頼性の高いデータと分析を活用しています。

ちなみに、実例東洋経済では、以下のような特集企画が展開されています。

例1:日本企業の海外展開

日本企業は、グローバル市場での競争力を高めるために、海外展開を積極的に進めています。

経済産業省のデータによると、2018年から2021年にかけて日本企業の海外投資が約2兆円増加しました。

トヨタ自動車は、インドネシアやタイに生産拠点を設立し、現地生産を拡大しています。

例2:働き方改革

日本企業は、働き方改革を通じて生産性を向上させ、労働者の働きやすい環境を実現しています。

厚生労働省の調査によると、2021年には、約6割の企業が働き方改革に取り組んでいます。

富士通は、2020年から従業員の約8割に対して、リモートワークを導入しています。

東洋経済の特集や特集企画は、信頼性の高いデータと分析に基づいて、アジア地域の経済・ビジネスに関する深い洞察を提供しています。

これらの記事は、読者にとって価値ある情報源となり、経済やビジネスに関心のある人々にとっては必読の内容となっています。

東洋経済の特集記事は、企業の海外展開や働き方改革の取り組みなど、さまざまなトピックを網羅しており、その情報の質の高さから、ビジネスパーソンや専門家の間でも高い評価を受けています。

週刊ダイヤモンドの特徴

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

週刊ダイヤモンドの編集方針とコンセプト

週刊ダイヤモンドは、「真実に迫る報道」と「ビジネスパーソンのための実用情報」をコンセプトとし、独自の編集方針を掲げています。

週刊ダイヤモンドの公式ウェブサイトや紹介記事において、同誌の編集方針やコンセプトが明示されています。

過去の号で、企業の不祥事や経済事件を独自の取材で追及し、真実を報道することで、読者から高い評価を受けています。

週刊ダイヤモンドは、真実を追求する報道と実用性の高い情報提供を目指しており、これが同誌の独自性と魅力です。

週刊ダイヤモンドの記事構成とジャンル

週刊ダイヤモンドは、多岐にわたるジャンルの記事構成によって、ビジネスマンのニーズに幅広く応えています。

週刊ダイヤモンドは、経済・政治・社会問題をはじめ、企業戦略やマーケティング、キャリア、ライフスタイルなど、様々な分野の記事を掲載しています。

「人気企業ランキング」や「リーダーのリーダーシップ」、「最新のマーケティング戦略」など、多岐にわたるトピックが扱われています。

週刊ダイヤモンドは、幅広いジャンルの記事を組み合わせることで、ビジネスマンにとって魅力的な情報源となっています。

週刊ダイヤモンドの特集や特集企画

週刊ダイヤモンドは、タイムリーな特集や緻密な特集企画によって、読者の関心を引き付け、知識や洞察力を深める機会を提供しています。

週刊ダイヤモンドの特集や特集企画は、経済・ビジネスに関する最新のトレンドや課題に焦点を当て、専門家の意見や分析を交えて詳細に検討しています。

「働き方改革」や「SDGsと企業」、「AI技術の活用」など、社会やビジネス界で注目されているテーマを取り上げる特集企画が展開されています。

週刊ダイヤモンドは、充実した特集や特集企画を通じて、読者に深い洞察力と知識をもたらす情報源となっています。

PRESIDENTの特徴とその魅力

PRESIDENTの編集方針とコンセプト

PRESIDENTは、「成功するリーダーの情報源」というコンセプトで、経営者やリーダーに向けた独自の編集方針を掲げています。

PRESIDENTの公式ウェブサイトや紹介記事において、同誌の編集方針やコンセプトが明示されています。

「経営者向けの戦略論」や「人材育成のノウハウ」、「業界別成功事例」など、リーダーに役立つ情報が提供されています。

PRESIDENTは、経営者やリーダーに向けた情報提供を重視し、その独自性と魅力を発揮しています。

PRESIDENTの記事構成とジャンル

PRESIDENTは、経営・経済からライフスタイルまで幅広いジャンルの記事構成で、経営者やリーダーのニーズに対応しています。

PRESIDENTは、経済・政治・社会問題をはじめ、企業戦略やマーケティング、キャリア、ライフスタイルなど、様々な分野の記事を掲載しています。

「業界最前線の取り組み」や「キャリアアップの秘訣」、「リーダーの健康法」など、多岐にわたるトピックが扱われています。

PRESIDENTは、幅広いジャンルの記事を組み合わせることで、経営者やリーダーにとって魅力的な情報源となっています。

PRESIDENTの特集や特集企画

PRESIDENTは、独創的な特集や特集企画によって、読者の関心を引き付け、知識や洞察力を深める機会を提供しています。

PRESIDENTの特集や特集企画は、経営者やリーダーに関する最新のトレンドや課題に焦点を当て、専門家の意見や分析を交えて詳細に検討しています。

「グローバル経営の成功戦略」や「働き方改革の実践事例」、「イノベーションを生み出すリーダーシップ」など、経営者やリーダー向けのテーマを取り上げる特集企画が展開されています。

PRESIDENTは、独創的な特集や特集企画を通じて、読者に深い洞察力と知識をもたらす情報源となっています。

4大ビジネス誌の読者層の特徴

読者の年齢層

4大ビジネス誌の読者層は、主に30代から50代のビジネスパーソンが中心です。

各ビジネス誌の読者アンケートやマーケティング調査によると、30代から50代のビジネスパーソンが多く読んでいることが分かります。

(日経ビジネス、東洋経済、週刊ダイヤモンド、PRESIDENTの読者アンケート結果)

4大ビジネス誌は、30代から50代のビジネスパーソンを中心に、幅広い年齢層に読まれています。

よっち

20代から読んでいる人は、本当にすごいです!

読者の職業や業界

4大ビジネス誌の読者層は、経営者・管理職や専門職、さまざまな業界の人々が対象です。

各ビジネス誌の編集方針や内容から、幅広い職業や業界の人々が関心を持つことが予想されるからです。

経営者や管理職、マーケティング・営業・企画・IT・人事などの専門職、金融・製造・サービス・IT・広告などの業界の人々が読者層に含まれます。

よっち

どんな業界の人が読んでも、勉強や参考になるのでオススメです!

4大ビジネス誌は、経営者・管理職や専門職をはじめ、さまざまな業界の人々にとって有益な情報源となっています。

4大ビジネス誌を選ぶ際に考慮すべきポイント

記事の分野や特徴について

選ぶビジネス誌は、自分の関心分野や求める情報に合ったものを選ぶことが大切です。

各ビジネス誌は、それぞれ独自の編集方針や特徴があり、読者が求める情報や知識が異なるためです。

  • 日経ビジネス→企業戦略を重視
  • 東洋経済→経済・政治分析が得意
  • 週刊ダイヤモンド→業界分析にフォーカス
  • PRESIDENT→経営者向けの情報が豊富

自分の関心分野や情報ニーズに合ったビジネス誌を選ぶことが、効果的な情報収集につながります。

雑誌の価格や購読方法について

価格や購読方法も、ビジネス誌選びの重要なポイントです。

コストや利便性を考慮し、自分に適した方法で購読することが重要だからです。

定期購読や電子版購読で割引が適用されることがあります。

また、オンラインショップのAmazon楽天市場、書店での単品購入も可能です。

自分の予算や利用スタイルに合わせて、価格や購読方法を検討しましょう。

購読者の口コミや評価について

購読者の口コミや評価を参考にすることで、自分に合ったビジネス誌を見つけることができます。

他の読者の意見や評価は、自分がどのビジネス誌を選ぶべきかの参考になるからです。

インターネット上の口コミサイトやSNSでの評価、友人や同僚からの紹介など、さまざまな情報源から購読者の意見を集めることができます!

購読者の口コミや評価を参考にし、自分にとって最適なビジネス誌を選ぶことができます。

4大ビジネス誌を選ぶ際には、記事の分野や特徴、価格や購読方法、購読者の口コミや評価を考慮しましょう。

これらのポイントを総合的に判断することで、自分に最適なビジネス誌を見つけることができます。

最後に、複数のビジネス誌を比較して読むことで、より幅広い知識や情報を得ることが可能です。

自分の関心分野や情報ニーズに応じて、適切なビジネス誌を活用しましょう!

4大ビジネス誌以外で注目すべきビジネス誌の紹介

『ダイヤモンド・オンライン』

ダイヤモンド・オンライン』は、経済やビジネスに関する幅広いジャンルの情報をオンラインで提供している雑誌です。

ウェブ上で手軽にアクセスできることから、多くのビジネスパーソンに利用されています。

最新の経済ニュースやビジネストピックス、マネー情報などが無料で読めることが特徴です。

『ダイヤモンド・オンライン』は、手軽にビジネス情報を得たい人におすすめの雑誌です。

『東洋経済オンライン』

東洋経済オンライン』は、経済やビジネスに関する深い分析記事や独自の取材による情報を提供する雑誌です。

『東洋経済』のオンライン版として、日々更新される記事が多く、読者が常に新しい情報を得られるためです。

ビジネスパーソン向けのキャリア情報や、海外の経済情勢に関する記事など、幅広い情報をカバーしています。

『東洋経済オンライン』は、日々更新される最新のビジネス情報を求める人におすすめの雑誌です。

『Forbes JAPAN』

Forbes JAPAN』は、世界的な経済メディア「Forbes」の日本版で、国内外のビジネス情報を提供する雑誌です。

海外の事例やトレンドに関する情報が豊富であり、グローバルな視点でビジネスを考える人に向いています。

起業家や経営者のインタビュー、テクノロジーやイノベーションに関する記事など、国際的な視点で取り上げられています。

『Forbes JAPAN』は、グローバルな視点でビジネス情報を得たい人におすすめの雑誌です。

以上で、4大ビジネス誌以外で注目すべきビジネス誌を紹介しました。

『ダイヤモンド・オンライン』や『東洋経済オンライン』、『Forbes JAPAN』など、それぞれの雑誌が特色を持っているため、自分に合った情報源を見つけて活用することが大切です。

これらの雑誌を読むことで、ビジネスの幅広い知識や最新の情報を得られるでしょう。

4大ビジネス誌を活用することのメリットについて

最新のビジネス情報を網羅できる

4大ビジネス誌を活用することで、最新のビジネス情報を効率的に網羅できます。

各誌が独自の取材と分析によって、リアルタイムで変化するビジネス環境を紹介しているためです。

新型コロナウイルスの影響で変化する業界動向や、テレワークの普及による働き方改革など、タイムリーな情報が提供されています。

最新のビジネス情報をキャッチアップするために、4大ビジネス誌の活用は非常に有益です。

様々な業界の動向を知ることができる

4大ビジネス誌は、様々な業界の動向を知るための情報源として役立ちます。

それぞれの誌が幅広い業界の情報を扱っており、多様な業界の動向やトレンドを知ることができるためです。

IT業界の最新技術や、製造業のグローバル競争状況、サービス業の人材育成など、多岐にわたる業界情報が提供されています。

業界横断的な知識を身につけたい方には、4大ビジネス誌が適した情報源となります。

世界的なビジネス情報を得られる

4大ビジネス誌を活用することで、グローバルな視点でのビジネス情報を得ることができます。

これらの雑誌は、国内だけでなく世界各国のビジネスニュースや動向を扱っているためです。

アメリカや中国の経済政策、欧州連合の規制動向、新興国市場の成長機会など、国際的な視野での情報が提供されています。

グローバルなビジネス情報を得たい場合も、4大ビジネス誌の活用が有益です。

専門性の高い記事が豊富にある

4大ビジネス誌には、専門性の高い記事が豊富に掲載されており、深い知識や専門的な視点を得ることができます。

各誌が専門家や経済アナリスト、業界研究者などの意見や分析を取り入れているためです。

経済政策の背景や株式市場の動向解説、企業経営者へのインタビューなど、専門的な知識を必要とする記事が多く提供されています。

専門性の高い記事を求める方にも、4大ビジネス誌は役立つ情報源となります。

以上のことから、4大ビジネス誌を活用することには多くのメリットがあります。

最新のビジネス情報を網羅でき、様々な業界の動向を知ることができます。

また、世界的なビジネス情報や専門性の高い記事も得られます。

これらのメリットを活かして、4大ビジネス誌を効果的に利用しましょう。

4大ビジネス誌を使ったビジネス戦略の立て方

4大ビジネス誌を使ったビジネス戦略の立て方には、以下のポイントがあります。

自社の課題や目的に合わせた特集を読み込む

特集記事を活用することで、自社の課題解決に役立つアイデアを得られます。

専門家による分析や実践的なノウハウが詰まっている特集記事は効果的です。

営業力向上やマーケティング戦略、経営改革など、自社のニーズに合わせた特集を選びましょう。

自社の課題や目的に合わせた特集を読むことで、効果的な戦略立案が可能になります。

最新のビジネス情報を元に戦略を立てる

市場変化に素早く対応し、競争力を維持・向上させるためには、最新のビジネス情報を取り入れることが大切です。

新興市場の動向や新技術の導入事例など、最新情報を活用して戦略を見直すことが重要です。

AIやIoTの導入事例を参考にし、自社の戦略に取り入れてみると効果的です。

最新のビジネス情報を活用することで、市場変化への対応力が向上し、競争力が維持されます。

業界の動向を把握して、競合他社と差別化する

業界の動向を把握し、競合他社と差別化することで、自社の競争力を高めることができます。

競合他社の戦略や取り組みを知ることで、自社の強みや弱みを見つけ出し、適切な戦略が立てられます。

ビジネス誌で紹介されている競合他社の取り組みや成功事例を参考に、自社との違いを明確化しましょう。

業界の動向を把握することで、競合他社と差別化し、自社の競争力を向上させることが可能です。

専門性の高い記事を活用して自社の業務改善につなげる

専門性の高い記事を活用することで、自社の業務改善や効率化が促進されます。

専門家の知見や経験に基づく情報が、業務プロセスの見直しや新たなアプローチに役立ちます。

人材育成や組織風土の改善、効果的なコミュニケーション方法など、記事から得た知識を業務に適用しましょう。

専門性の高い記事を活用することで、自社の業務改善や効率化につながるアイデアが得られます。

以上の4つのポイントを活用することで、4大ビジネス誌を使った効果的なビジネス戦略が立てられます。

特集記事や専門性の高い情報を取り入れることで、自社の課題解決や業務改善が促進され、競争力を向上させることが期待できます。

最新のビジネス情報を常にチェックし、業界の動向を把握することで、市場変化に柔軟に対応し、成功へと導くことが可能となります。

4大ビジネス誌の購読方法の種類

定期購読

定期購読は、コスト削減と手軽さを兼ね備えたコスパ最強の購読方法です。

定期購読によって、毎号の購入を忘れることなく、割引価格で購入できます。

各出版社の公式ウェブサイトから定期購読の申し込みが可能で、多くの場合、年間購読がお得です。

定期購読は、継続的に情報収集ができるため、ビジネスに役立てやすい方法です。

電子版購読

電子版購読は、持ち運びが便利で環境に優しい購読方法です。

紙の本を持ち運ばなくても、スマートフォンやタブレットでいつでも読むことができます。

Amazon Kindle、Apple Books、Google Play Booksなど、各電子書籍ストアで購読が可能です。

電子版購読は、手軽さとエコロジーを求める現代のビジネスパーソンにおすすめの方法です。

【超初心者向け】楽天koboでの電子書籍本の購入方法(買い方)|画像付 「楽天koboで電子書籍本を購入したいけど、どうやって買えば良いか分からない…」と悩んでいませんか? そんな方に向けて、超初心者...

単発購入

単発購入は、特定の号に興味がある場合に適した購読方法です。

興味のある特集や記事がある場合、無駄なくその号だけを購入できます。

書店やコンビニエンスストア、ネットで、最新号のみを購入することができます。

単発購入は、特定の情報を効率的に入手したい場合に適した購読方法です。

これらの購読方法を選ぶ際には、自分のニーズやライフスタイルに合わせて、最適な方法を選ぶことが重要です。

どの方法も一長一短がありますので、情報収集の目的や使い勝手を考慮して選んでみてください。

4大ビジネス誌の価格の比較とお得な購読方法

各誌の定期購読価格の比較

4大ビジネス誌の定期購読価格は、各誌で異なりますが、比較することでお得な購読プランを見つけることができます。

それぞれの出版社が異なる価格設定や割引制度を用意しているためです。

週刊ダイヤモンド:年間150冊定期購読価格 約59,700円

(1冊あたり:398円)

日経ビジネス:年間50冊定期購読価格 約24,300円

(1冊あたり:486円)

東洋経済オンライン:年間50冊定期購読価格 約28,000円

(1冊あたり:560円)

プレジデント:年間24冊定期購読価格 約12,000円

(1冊あたり:560円)

各誌の内容や価格を比較検討し、自分に合った購読プランを選びましょう。

電子版購読のメリット・デメリット

電子版購読は、持ち運びが便利で環境に優しい点がメリットですが、紙の感触がない点がデメリットとなります。

  • いつでもどこでも読むことができる
  • 環境に配慮している
  • 収納スペースが不要

  • 紙の本の感触がない
  • 電子機器のバッテリーが切れると読めなくなる

電子版購読のメリット・デメリットを比較し、自分に適した購読方法を選びましょう。

定期購読のお得なキャンペーンや割引情報

定期購読を始める際には、キャンペーンや割引情報をチェックすることで、お得に購読することができます。

各出版社や販売サイトでは、定期的にキャンペーンや割引情報を提供しているからです。

例えば、以下が挙げられます。

  • 新規定期購読キャンペーンで、初回割引が適用されることがある
  • 電子版購読の場合、紙版よりも安価なことが多い
  • クレジットカードやポイントサービスを利用することで、ポイント還元や割引が適用される場合がある

定期購読を始める前に、キャンペーンや割引情報をチェックして、お得に購読できるプランを見つけましょう。

以上で、4大ビジネス誌の価格の比較とお得な購読方法についての解説を終わります。

各誌の定期購読価格や電子版のメリット・デメリットを把握し、自分に適した購読プランを選んで、ビジネスの知識を増やしていきましょう。

また、キャンペーンや割引情報を活用して、お得に購読する方法もぜひ試してみてください。

私が週刊ダイヤモンドをオススメする理由4つ

日本ABC協会発表の「販売会社部数」(対象期間 2018年1~6月)

私が週刊ダイヤモンドをオススメする理由は、以下の4つです。

  1. 書店・販売店販売部数が1位、ダントツで1冊あたりの値段が安い。
  2. 週刊のためタイムリーな内容が、ビジネスに役立つ。
  3. データや分析をたっぷり掲載されているため、会話や仕事に使いやすい。
  4. トップ経営者のインタビューや企業分析記事が掲載されているため、成功企業の戦略や業界動向がいち早くわかる。

ただし、デメリットもあります。

デメリットとしては、以下の2つです。

  1. 定期購読で読まないと、1冊730円と高い。(年間購読で約400円)
  2. 週刊のため、時間をつくらないと読めなくなる。

購読される場合は、必ず下記の「定期購読」から申し込むようにしてください!

通常の価格は、大変高くなっています…。

\一番売れているビジネス誌!1冊あたり398円でビジネスの成功法則を知ろう!/

4大ビジネス誌に関するよくある質問や疑問

Q: 有名な経済誌は?

A: 有名な経済誌は、日本では「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」「週刊エコノミスト」が挙げられます。

ちなみに、海外では「The Economist」「Forbes」「BusinessWeek」などがあります。

これらの誌面には、ビジネスニュースや経済動向の解説、企業や人物の特集など、様々な情報が掲載されています。

ビジネスパーソンや経済に関心のある方にとって、重要な情報源となります!

Q: 世界三大ビジネス誌は?

世界三大ビジネス誌には、アメリカの「フォーチュン」「ビジネスウィーク」「フォーブス」が挙げられます。

ただし、諸説があり他にも様々なビジネス誌が世界的に有名です。

Q: 経営者が読んでいる雑誌は?

経営者が読んでいる雑誌には、ビジネスに関する情報が多く掲載されている「フォーチュン」、「ハーバード・ビジネス・レビュー」、「エコノミスト」などがあります。

また、国内の経営者には、「日経ビジネス」、「週刊ダイヤモンド」、「東洋経済」などが人気です。

これらの雑誌は、ビジネスの最新情報やトレンド、成功事例や失敗事例、経営戦略などを紹介しており、経営者が情報収集や経営判断に役立てることができます!

Q:ビジネス雑誌の一覧は?

ビジネス雑誌の一覧としては以下のようなものがあります。

  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊東洋経済
  • 週刊エコノミスト
  • PRESIDENT
  • Forbe’s JAPAN
  • 日経ビジネス
  • 日経ヴェリタス
  • Forbes
  • Bloomberg Businessweek
  • Harvard Business Review
  • The Economist

このほかにも、業界特化型のビジネス雑誌や地域密着型のビジネス雑誌など、さまざまな種類の雑誌があります。

Q:世界三大経済誌は?

A:世界三大経済誌は、アメリカの「エコノミスト」、イギリスの「フィナンシャル・タイムズ」、そして日本の「日経エコノミー」です。

これらの雑誌は、世界各国の経済情勢やビジネスニュースをカバーしており、ビジネスマンや投資家からの注目を集めています。

特に「エコノミスト」は、政治や国際情勢なども幅広くカバーしているため、世界のリーダー層からも重宝されています!

Q:日本の三大経済誌は?

A: 日本の三大経済誌としては、『週刊ダイヤモンド』、『週刊東洋経済』、『週刊現代』が挙げられます。

これらの誌面には、日本経済やビジネスの最新情報や、著名人のインタビュー、ビジネスマン向けのキャリアアップやマネジメントに関する記事が掲載されています。

また、ビジネスに限らず政治や社会問題についても取り上げられることがあります!

【2023年度】サラリーマンが読むべきビジネス雑誌|厳選3選 いろいろなビジネスについて勉強して知識を得たいけど、どのビジネス誌がいいのかわからない…」と悩んでいる方はいませんか? 今回は、...

まとめ

今回のポイントは、以下の通りです。

  • 4大ビジネス誌:日経ビジネス、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、プレジデント
  • 戦略立て方:自社の課題や目的に合わせた特集を評価し、最新のビジネス情報を元に戦略を立て、業界の動向を把握して競合他社と差別化する、専門性の高い記事を活用して自社の業務改善につなげる
  • 購読方法:定期購読、電子版購読、単発購入
  • 価格比較:各誌の定期購読価格や電子版のメリット・比較を比較し、応じたプランを選ぶ
  • お得な購読:キャンペーンや割引情報を活用してお得に購読する

4大ビジネス誌とは、日経ビジネス、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、日本のプレジデントが挙げられます。

これらの誌面は、ビジネスマンにとって重要な情報が満載で、業界動向や経営戦略に役立ちます。

4大ビジネス誌を使った戦略の立て方には、自社の課題や目的に合わせた特集を取り上げることや、最新のビジネス情報を元に戦略を立てることが挙げられます。

把握して競合する競合と差別化することや、専門性の高い記事を活用して自社の業務改善につなげることも重要です。

4大ビジネス誌の購読方法には、定期購読、電子版購読、単発購入があります。

さらに、各誌の定期購読価格や電子版のメリット・デメリットを比較し、自分にあったプランを選んで購読することが重要です。

また、キャンペーンや割引情報を利用してお得に購読する方法も試してみましょう!

3回転職した私が選ぶ転職サイト・サービスTOP3

転職時は、2つ〜3つのサイト登録することをオススメします!
なぜなら、「サイトごとに求人を出している会社が違うから」「業界の給与相場が比較できるから」です。

初めての転職や転職エージェントを使ったことがない人は要チェック
【転職が初めての人へ】転職エージェントの利用前に知っておくべき点8選

今アツい業界や職種を知りたい人は要チェック
【サラリーマン向いていない?】現代のアツい働き方と職種業界を簡単解説

優良求人発見率No.1「リクルートエージェント」
リクルートエージェント
業界最大級の非公開求人数は必見!

無料で使えて求人紹介をするだけではなく、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートしてくれます。

リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能!

オススメ度
料金 全て無料で利用可能!別途料金は一切不要です。
なぜなら、募集企業からアドバイザーへ料金を支払っているからです。
安心 転職支援実績NO.1。転職支援実績数値は、累計41万1,000名以上!
ひとこと 非公開にせざるを得ない魅力的な求人があるのでオススメ。

公式サイトはこちら

毎週2.6万人以上が新規登録中の「リクナビNEXT」
リクナビNEXT
エージェントと関わりながらやるより、コツコツ探したい方にオススメ!
地域・職種問わずあらゆる条件にマッチする求人を探すことができます。

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。
今は未だ転職は…という方でも、自分の可能性を広げる機会として活用できます!

オススメ度
料金 完全無料。企業からのスカウト登録も利用料金は一切不要です。
安心 転職した人の約8割が利用しているサービスなので安心。
ひとこと グッドポイント診断は、利用しないと損!自己分析が無料で利用可能。

公式サイトはこちら

市場価値から本当の”天職”を見出す【ミイダス】
ミイダスは無料で利用可能な自分の”適職診断”があるサービスです。

コンピテンシー(行動特性)診断では、あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、
ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシーを分析できます。

オススメ度
料金 完全無料!履歴書やカウンセリング等も一切なしで始められます!
安心 日本初の”天職”探しサービス!
転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)があるので信頼性が高い!
ひとこと 自分に本当に適した仕事とは何かと悩んでいる方へオススメです!

公式サイトはこちら

他にオススメのツールやサービスはコチラから

読んで有益だったオススメの書籍はコチラから

\ブログ応援お願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA