暮らし

【炭酸水を毎日飲んでいる方へ】仕事やプライベートに使える人気水筒

こんにちは、サラリーマンのよっちです!

「炭酸水を毎日持ち運びたいけど、どうしよう…」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、炭酸でも持ち運びができる水筒の紹介記事を書きました!

よっち

知らない方は、プロフィール読んでください!

悩み

炭酸水を毎日飲むように心がけているけど、持ち運びはどうしよう…。

炭酸に対応しているオススメの水筒を知りたい!

炭酸水って水筒に対応できるの?

本記事で紹介する「水筒」を使用すれば、初心者でも簡単に持ち運びができますよ!

なぜなら、実際に私もこの方法で上記の悩みを解決できたからです。

現在、炭酸水で食事制限中です…笑

炭酸水でオススメなのはこれです!

安くて無味ではないので飲みやすいですよ♪

記事前半では「オススメの水筒」を、後半では「実際に購入して使った感想」を紹介するので、じっくり読み込んでくださいね!

結論:オススメ水筒はタイガー!炭酸抜けずに持ち運び可

結論から申し上げると、タイガーの炭酸ボトルがオススメです!

>>【タイガーボトルサイト】

キャップ・サイズ・カラーを選んで自由にカスタマイズできるEC限定ボトル

サスティナブルなテーマを持ったカラーは全11色

普通の炭酸対応モデルと違って、自分だけのオリジナルが作れるのも魅力的。

後ほど、私が作ったオリジナル水筒を紹介いたします!

タイガーの炭酸対応水筒って?

炭酸対応水筒って何だろう?という疑問が湧くとは思いますが、その名の通り炭酸に対応している水筒となります。

タイガーの水筒は、以下の特徴があります。

  • 人権・健康・環境に特化をした製品づくり。
  • タイガーカスタムボトルは、11色のカラーから選べる。
  • 3種類の容量(350mL/500mL/600mL)から好みの量を選択。
  • 4種類のせん(ワンプッシュせん/スクリューせん/ワンプッシュ抗菌加工せん/スクリュー抗菌加工せん)からカスタマイズが可能。
  • 使用シーンや好みに合わせて 自分だけのオリジナルボトル作成。
  • 時期に応じてコラボレーションをした数量限定のタイガーアートボトルも販売。

このように、さまざまなカスタマイズが可能なことが分かるかと思います。

それでは、カスタマイズ以外に何がオススメなのかを次章で解説いたします。

オススメポイント紹介

オススメポイントは、全部で5つあります。

特に、圧力が異常に高まった場合、ガスが自動的に抜けるように安全弁も搭載している点。

  1. 炭酸飲料オッケー!炭酸も冷たさも長時間キープできる!
  2. 結露しないので、かばんや机が濡れる心配がない。
  3. アウトドアや、オフィス、自宅など幅広いシーンで使うことができる!
  4. 本体は塗装をせず、ステンレスの風合いを活かしているのでおしゃれ!
  5. 付属しているストラップで、ボトルの持ち運びが便利。

以上がオススメの5つポイントでした。

アウトドア時のビールや炭酸飲料を持ち運びたい方には、特にオススメです!

温かい飲み物は、飲む際に火傷するため絶対に入れないようにしてください!

タイガーの公式サイトから購入して、いざ開封!

早速、炭酸水を毎日飲んでいる私は公式サイトから購入しています。

>>【タイガーボトルサイト】

炭酸以外にも、軽量ステンレスボトルが3,500円〜あります!ECサイト限定ボトルあり。

真空二重構造なので、炭酸ボトル同様に長時間飲み頃の温度がキープできます。

可愛い段ボールに入って到着。

私が頼んだのは、「800ml」のサイズになります!

開けたら、このような感じでした。

ここに、自分で決めた色のものを装着!

ちょっと無難すぎた色になったかも?

飲む感じは、このようなイメージ!

いつものリュックと一緒に、毎日仕事場へ連れて行っています♪

ひとつ失敗したかもしれないのは、炭酸水は大体500mlのペットボトルに入っていたりするのが多いですよね。

なので、移し替えをする方は水筒サイズ「500ml」がオススメです!

自宅に、このような炭酸水メーカーがある方はお好みで大丈夫かと思います。

タイガーの水筒を使用した感想

実際にタイガーの水筒を1ヶ月使ってみた感想は、炭酸と冷たさがキープできる。

私の飲むスピードが早いのもありますが、毎日中身がなくなるまで炭酸が抜けたりすることはありませんでした!

冷たさについてもキンキンには冷えていないものの、ぬるいと感じることはありません。

そのほかにも、机に置きっぱなしにしても結露せずに資料や提出物が濡れる心配もない!

これは大事。

正直、高い買い物だったかな?と思いましたが仕事とプライベート両方に使えるものなので問題ありませんでした!

壊れる心配は、今のところないため仕事やプライベートの相棒として引き続き使用していきます。

第三者レビュー

上記では、私の感想を書いてきましたが他の方の感想を紹介いたします。

グラウラーの代わりに購入しクラフトビール量り売りに使っていますが、昼ごろ購入し夜飲むくらいなら全く炭酸が抜けません。

缶でも売ってる銘柄を購入しましたが、少なくとも缶ビールと遜色ない炭酸が維持されています。


ただし、炭酸はそれほど抜けませんが魔法瓶程度にぬるくはなります。お茶ならさして気になりませんが、ビールではかなり気になります。

持って帰ってきたら冷蔵庫に入れるスペースが必要です。

40代 男性

登山の山頂で飲むビールは最高ですね。ただこれまで、缶ビールを2,3本持参してましたが、どうしてもぎんぎんに冷えた状態を維持、という訳にはいかず、ぎんぎんに冷えたビールを山頂で飲みたくて購入しました。

缶と比べると多少重くはなりますが、朝水筒に移してバックパックに入れて登山、山頂で炭酸もほとんど抜けずにぎんぎんに冷えたビールを飲めましたので満足です。

また、登山の途中でも冷たいビールが都度飲めますし、飲みたい分だけ飲めます。缶ですと一度開けたらその場で飲み干す必要があり、後で飲みたいな、という訳にも行かなかったので、この辺でも満足ですね。

20代 男性

普段から炭酸飲料が大好きな相方へのプレゼントとして購入しましたが、氷を入れキンキンに冷えた炭酸飲料を持ち歩けるだけで大満足とのこと。

今までも炭酸飲料を水筒に入れて持ち歩いた事はあるのですが、圧力かかり過ぎて漏れ出したり…していました。

私も炭酸飲料を入れて使ってみたのですが、飲み口の広さもちょうど良く、飲みやすい印象を受けました。飲み物の香りも飲んでいる時にするのは良いなと…

ただ、開けた時、飲んでいる最中に蓋を抑えていないと蓋があっちこっちブラブラするのは何とかならなかったのか…とも思います。
(どこかに引っ掛けられるとか、本体に磁石のように張り付くとか…)

本体と蓋の二構造で洗い易くなっているのも〇
パッキン忘れて事故…って事が無いのは、それだけでも素晴らしいと思います。

蓋問題を鑑みても買ってプレゼントしてよかった一品です。

20代 女性

エナジードリンクは、ニオイがつく場合がありますのでご注意ください!

よくある質問

ここでよくある質問について、回答いたします。

※あくまで私個人での回答。

Q1:氷は入れても大丈夫?

A1:全然入れて問題ありません。隙間ができた場合は入れることをオススメします!

Q2:炭酸飲料のキャップを開けた時のプシューって音はこの水筒の蓋を開けた時もする?

A2:プシッって音がなります!(語彙力が乏しくて申し訳ないです)

Q3:ビールやシャンパンだけでなく、氷を入れてレモンサワーとかハイボールでも美味しく飲める?

A3:A1にも書いた通り、氷が入れられるので、サワーやハイボールの方が個人的にオススメです!

Q4:スポーツドリンクや、炭酸がないものも大丈夫?

A4:私が試したところ、特に問題ありませんでした。

Q5:温かい飲み物は大丈夫?

A5:絶対にやめましょう。やけどをします!

番外編:オススメ炭酸水+炭酸飲料

番外編として、私が普段入れている飲料を紹介いたします!

もしよろしければ、参考にしてください★

ZAOのSODA(レモン)

楽天市場で、売れ筋ランキング1位になるぐらいの人気商品。

セール中に買うのがオススメです!

無糖の炭酸水ですが、ほのかに味や風味があるので飲みやすいです。

コカ・コーラ ゼロ

created by Rinker
¥4,496 (2022/06/29 07:35:18時点 楽天市場調べ-詳細)

やはり、炭酸と言えばコレです!

気持ち健康を考えて、ゼロカロリーのものを入れて持っていきます。

夏や暑い日には、炭酸飲みたい!!ってなりませんか?

ウィルキンソン レモン

最初に挙げた炭酸の方が安いのですが、こちらが美味しい…。

もしお金を出しても美味しいものを飲みたい方は、こちらがオススメです!

売れているだけあって、風味や匂いも楽しめます。

まとめ

炭酸が持ち運びできるという優れものを紹介いたしました。

もし、炭酸の機能は別にいらない方は真空断熱ボトルをご検討しても良いかも?

炭酸の機能がない分、お安くお買い求めできますよ♪

>>【タイガーボトルサイト】

軽量ステンレスボトルが3,500円〜!ECサイト限定ボトル

真空二重構造なので、長時間飲み頃の温度がキープできます。

ぬるい飲み物は、もうやめましょう!

断熱ボトルで冷たい飲み物を飲んで、日頃の生活レベルを上げていきませんか?

\ブログ応援お願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィールはコチラ
プロフィールはコチラ