暮らし

【転職・転勤】引っ越し料金を数万円安くする5つの方法|裏話

「引越し費用を安く済ませたいけど、何か良い方法はないかな…」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、引越し費用を少しでも安くできる記事を書きました!

よっち

知らない方は、プロフィールを読んでください!

悩み

引越し費用を安く済ませる方法はないか…。

引越し費用は、ぼったくりが多い業界?

引越しについて、費用感を知りたい!

本記事で紹介する「方法」を実践すれば、初心者でも簡単に引越し費用を下げられる余地がありますよ!

なぜなら、実際に私もこの方法で引越し費用を「最初の提示額20万円」から「最終的には8万円」まで下げられたからです。

記事前半では「見積もり金額」を、後半では「安くする心得」を解説するので、じっくり読み込んでくださいね!

結論:見積もりで多めの金額を提示される対抗策5選

結論から申し上げると、引越し費用を安くする方法は5つあります。

安くする心得5選
  1. 一社で即決しない。
  2. 一番安くなる時期を希望する。
  3. おすすめサービス。
  4. めんどくさくならない。
  5. 相場を知ることが大事。

なぜなら、初回見積もりで実際の金額の数倍を提示することが多い慣習があるからです。

商売なのでしょうがないんですけどね笑

なので、他社に見積もりをとっているかを凄く気にされます。

※大手だとなおさら、気にされていた印象。

大手業者=安心ではない

大手業者の良さもありますが、CMをガンガンやっているから安心ということではないです。

CMをできるということは、消費者から利益があるからという意味合いもあります。

実際に大手の営業でも、このようなゴリゴリ営業の事例がありました。

~実際にあった事例~

  • 長い時間帰らない。
  • 当社は正社員のみで構成されており、引越しの品質が良いですよ等のうんちく。(実際は、アルバイトパートが多い)
  • なんとか頑張らせて頂きまして…とかどうのこうの等…。

安くする心得

それでは、実際に引越し費用を安くする方法を解説いたします。

それぞれブロックに分けて説明するので参考にしてください。

1:一社で即決しない。

業者は結構即決を求めてきます。ただ、すぐに負けてはいけません!カモられます。

見分け方としては、見積もりで長く居座るような業者はNG。

引越し業者は、星の数ほどたくさんいます!

必ず相見積もり(複数業者の見積もり)をとってください。

複数業者は、面倒くさい…という方!!

この作業だけで、半額になる可能性あるのでカモられる前にすぐにやってください。

超簡単!無料一括見積り比較!

今すぐ合見積もりをしましょう>>引越し屋

↓入力ページはコレだけ!↓

入力ページ画像

2:一番安くなる時期を希望する

安くする方法2つ目は、混雑期は避けるということです。

お客さんが多くいる場合は、安くしなくても注文が取れます。

そのため、以下の時期は相場の1.5倍~2倍に高くなるので注意!

  • 3月中旬~4月上旬
  • 年末
  • GW

どうしても、繁忙期を避けられない場合は「時間指定をしない」。

これによって、相手の空いている時間にできるので安くできる可能性はあります!

3:おすすめサービス

オススメのサービスとしては、以下のものがオススメです。

まず始めに、先ほども紹介しましたが一括見積もりです。

複数業者へ見積もりを頼む際に、一社一社電話をしたりメールをしたり面倒くさい…。

それを解決してくれるのが、一括見積もりです。

業者が我先に!と電話してくる可能性があるので注意。

一括見積もりより、個人に頼みたい場合は【くらしのマーケット】がオススメです。

引越し作業はもちろん、エアコンクリーニングや取り付け等を頼むことができます!

カテゴリの中に「格安引越し」という項目があるので、そこから業者を選定しましょう♪

ページを見てもらえると分かるのですが、作業する方の写真や口コミもあって信頼感もあります。

もちろん人にもよるとは思いますが、品質も悪くはないです!

引越しに関連するものも頼めるので、要チェック!

4:めんどくさくならない

うわー面倒くさい…。やりたくないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、仮に5万円安くなったとするとどうでしょう?

5万円を稼ぐには、時給1,000円で50時間分必要です。

一括見積もりや業者選定で見比べるには、1日もかかりませんよ!

浮いたお金で家族や友達と、美味しいごはんを食べられると思って今やりましょう。

面倒くさいを5万円で片づけられるかが分岐点です。

5:相場を知ることが大事

知らないと高いコストを支払わないといけません。

比べれば大体の金額相場を知ることができます!

昨今では、転売ヤーと騒がれていますが相場を知らないと高い金額で購入するでしょう。

今後の時代にも、必須な便利な検索能力が磨かれますよ。

引越し見積もり価格の平均金額は?

引越しの価格は、荷物の量や引越しの移動距離だけでなく、引越し時期でも大きく変動するので相場は大変難しいです。

ただ、ざっくりの平均価格をお伝えするので参考になさってください!

時期についてとくに注意したいのが春の引越しシーズン。

引越し業者に依頼が殺到する2〜4月は繁忙期と呼ばれ、それ以外の時期(5〜1月)と比べて引越しの価格が高めになる傾向があります。

引越し費用をできるだけ安くするためには、価格相場を押さえておくことが欠かせません。

価格相場をもとに、高すぎる引っ越し業者を候補から外したり、値段交渉、相見積もりをしていきましょう!

引越し価格の目安を知るために、まずは繁忙期と通常期の引越し価格相場を移動距離別に見ていきます。

2020年の繁忙期の相場データがこちら。

単身者(荷物が少ない人)単身者(荷物が多い人)
全平均51,479円74,430円
同市区町村程度41,643円58,037円
同都道府県程度470,56円62,733円
同一地方程度50,640円82,151円
近隣地方程度57,666円95,646円
遠距離地方程度68,640円117,857円
繁忙期(2~4月)における単身者の引越し価格相場

2020年の通常期の相場データがこちら。

単身者(荷物が少ない人)単身者(荷物が多い人)
全平均43,764円56,964円
同市区町村程度36,173円48,058円
同都道府県程度38,465円49,406円
同一地方程度45,796円64,756円
近隣地方程度54,951円80,103円
遠距離地方程度64,519円99,350円
通常期(5~1月)における単身者の引越し価格相場

以上が相場となっております。

ただし、私が当時に調べた相場のためあくまで参考までに留めておいてください!

最新の引越し相場を知るためには、相見積もりを!!

>>最新の引越し相場を調べてみる

まとめ

引越しについて、お伝えいたしました。

特に、費用については見積書通りに払う人と相見積もりをとって払う人。

これは、本当に倍近く費用が変わってきます!

いらない金額を払わないように相見積もりをとりましょう。

相見積もりをとって損することはなく、混雑期でも数万円オトクになることが多いので、自分で一度やってみましょう。

引越しの際に不用品が出ると思いますが、それは捨てずに売りましょう!

そうすることで、廃棄料金がかからず逆にお金になりますよ。

【買取価格比較】○○オフはダメ!買取を厳選して高額を実現させよう こんにちは、底辺サラリーマンよっちです! 「買取をしたいけど、どこで売れば良いか分からない…」と悩んでいませんか? そんな...

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

話題の【聴く読書】を知っていますか?

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。
移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができ、オフライン再生も可能!

\12万以上の対象作品が聴き放題/

30日間の無料体験を試す

無料体験後は月会費1,500円。
いつでも退会できます。

口コミや感想、退会方法はこちらから

 

↓電子書籍派の方↓

\ブログ応援お願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村