仕事

【部下育成に悩む方へ】人材育成や後輩指導の最適解と参考本紹介

こんにちは、サラリーマンのよっちです!

「部下育成をしているけど、うまくいかない…」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、私の部下育成方法を紹介する記事を書きました!

今のところ、この方法でうまくできています。

よっち

知らない方は、プロフィール読んでください!

悩み

最近昇進することになったが、部下育成が全くわからない。

部下育成をしているが、どうやってもうまくいかない。

部下やアルバイトの育成に悩んでいる…。

本記事で紹介する「部下育成方法」を実践すれば、初心者でも部下の育成ポイントについて理解できますよ!

なぜなら、実際に私もこの方法で上記の悩みを解決できたからです。

現在は、50名近くの部下を持っています。

本記事では「部下育成のポイント」を解説するので、じっくり読み込んでくださいね!

結論:部下育成のポイントは「愛」に尽きる!

結論から申し上げると、愛が大事で愛こそが全てと言っても過言ではありません。

部下の育成ポイントとして3つが挙げれます。

  1. 目標や数字の共有
  2. 環境の整備
  3. 失敗の許容

以下で詳しく解説していきます!

ちなみに、私が部下育成について参考にした本はこちらです。

created by Rinker
¥1,760 (2022/06/29 08:30:44時点 楽天市場調べ-詳細)

チームや部下のモチベーションは、仕事の結果にも繋がるのでコーチング法を学ぶことが大切。

部下のやる気を引き出すノウハウは、必見!

「マネジメント」のエッセンスをわかりやすくまとめた入門書。

多くのビジネスパーソンに詠み継がれてきた名著です。

1:目標や数字の共有

まず大事なのは「部下と共に同じ方向を向く」ことです。

どっちの方向(目標や数字)を向くのかを、共有しておく必要があります。

あらかじめ共有しておくことで、トラブルを避けることが可能。

チームで目指すものは?部下にはどんな役割を任せる?のようなことをきっちり共有しておく必要があります。

なので、まずは以下の3つが重要です。

  1. 目的地(ゴール)を一致させる。
  2. どんな役割を担ってもらうのかを伝える。
  3. このチームでは、何が評価されて、何が評価されないのかを伝える。

仕事においては、コミュニケーションを取るということは上記のようなことです。

2:環境の整備

次に、部下や後輩育成のポイントは「信頼すること」です。

例えば、「疑い」や「監視」の目でみられた時どう思いますか?

私だと「きちんとやっているのに、なんで疑うんだ!それならサボったろかい!」って思ってしまいます笑

反対に、「君のことを信頼してるよ!」と言われたら

信頼を裏切りたくないなと思いませんか?

監視するコストや管理コストをかけるよりも、人を信頼して得られるメリットの方が絶対大きいです。

パソコンや車に監視カメラを勤務時間中録画している会社があるとニュースになったようですが、ぶっちゃけ論外だと思います…。

そこまで信用できない人なら、なぜ信頼できない人を雇ったの?と思ってしまいます。

もちろん、人間なので出来心もあって過ちを犯すかもしれません。

なので、そういった起こりにくい仕組みづくりも必要となります。

こんな良い会社を辞めたくない!と思える仕組みができれば尚良いです。

人を信頼する!信じてみる!その勇気が必要です!

その他には、チーム単位で仕事をする際に「人の失敗については絶対怒らないルール」を設けると成功率が高まります。

失敗をすると怒られる、失敗で迷惑をかけたらどうしようと常日頃思っている人が仕事で成果を上げることが可能でしょうか?

私自身の経験では、ほぼ100%成果を上げることができていませんでした。

なので、その負担を軽減するためにも効果的でした。

3:失敗の許容

最後に部下を成長させる大切なポイントは「失敗させること」です。

ビジネス経験の少ない部下の提案の中には、「確かに理屈は通ってるけど上手くいかないんだよな」という案件がしばしばあるかもしれません。

これを、すぐに却下ということは簡単です。ただし、それをすると部下は育ちません!

なので、時々失敗するであろう案件にOKを出してみましょう。

※人の命に関わるような危険な事故にはならないもの。

その理由は、自分でやってみて失敗しないと学べないことがたくさんあるからです。

損失もあるかもしれません、ただそれは部下への投資だと思いましょう!

失敗=成功へのチャンスです。

ただ、失敗を責めないようにすることが大事です。

その代わり、問いかけを多くしてみましょう。

(例)つまずきそうな部分、ここはこうなったらどうする?など

このような問いかけから、学べることがたくさんあります。

こういった失敗から、次回同じような失敗を防止することが可能。

まとめ

改めてになりますが、部下を愛することが大事です。

復習をすると、以下の3つが大事となります。

  1. 目標(ゴール)の共有
  2. 環境の整備
  3. 失敗の許容

甘やかすのと、愛することが全く違うことも重要

チームのミッションに違反している人に対しては、厳しさは必要です!

ルールがあることで、叱られた方も理解できます。

ちなみに、失敗を叱るコツは人格を叱ることはやめることです。

(例)何回失敗しているんだ!こんなこともできないのか!

行為を叱れば納得しやすくなります。

(例)この行動はチームからするとどう?今回のミスは何が原因で、どんな改善ができる?

部下育成は大変なことかと思います。ただ、将来や今後に絶対に役立つスキルです。

ぜひ、今回説明した部下育成のポイントを参考にしていただければ嬉しいです。

\ブログ応援お願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィールはコチラ
プロフィールはコチラ